×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コードバンとは

コードバンとは|希少価値の高い最高級の皮革

コードバンは、
性質上、高い硬度を持った希少価値の高い宝石であるダイヤモンドとして称されている。

 

コードバンは、キメの細かな繊維がむき出しとなった状態なので、非常になめらかでしっとりとした質感がポイント

 

ヨーロッパ地方で食肉用としてごく少数生産されている農耕馬からのみ採取されます。
臀部の分厚い革に守られた厚さ2mm程度がコードバン繊維です。

 

丁寧に表と裏から削り出す採取方法が宝石採掘のようであるとして、革の宝石とも称されています。

 

別名「キングオブレザー」、「革のダイヤモンド」とも呼ばれ、光沢感と重厚な質感の表現が最大の美点。

 

牛革の3倍もあると言われる強度

牛革の2倍から3倍の強度を保持しています。
シミや、汚れ、傷などにも強く、非常に長期にわたって使用し続けることが出来ます。

 

きちんと手入れすれば一生ものです。

 

希少性

1頭からのわずかしか採取できず、もととなる馬の生産量も極端に少ないので、入手困難な皮革です。
(1年以上前から予約が必要)

 

お手入れは?
乾いたやわらかい布などで、ホコリを落とします。
あまり力を入れてゴシゴシせずに、やさしく何度もなでるようにしてふきあげます。

 

 

もっと詳しく知りたいなら、↓がオススメ
コードバンの詳細はコチラ

コードバンとは関連ページ

色付けについて
天然皮革の色付けの方法について解説します。
天然皮革には、染料仕上げと顔料仕上げがあります。染料は、革のエイジングが楽しめるし、顔料は、柄や色合いが楽しめます。
ヌメ革の基本
ヌメ革というのは植物の渋に含まれる成分のタンニンでなめした皮革のことを言います。丈夫で長く使うことで味のある表情をみせるようになります。
マットーネとは
マットーネは、イタリアのカーフ(子牛の皮)で、ガゼインという加工を施した革のこと。 多量のオイルを手作業で塗り込んあります。 お財布などは半年程使用すると、光沢感が出ます。