×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マットーネとは

マットーネとは|半年で光沢感が出る理由

 

マットーネは、イタリアのカーフ(子牛の皮)で、ガゼインという加工を施した革のことをいいます。

 

多量のオイルを手作業で塗りこみます。
ですから、お財布などは半年程使用すると、光沢感が出ます。

 

また、牛が生前につけた傷やシワなど革本来の表情が出やすい革です。
経年変化でいい雰囲気になっていきます。

 

子牛の皮なので、触り心地はとても柔らかくしなやかなのが特徴。

 

他の革に比較して1番ツヤがあり、ツルツルした触り心地です。

 

お手入れは?
一番のメンテナンス方法は日々使用すること。
繊維をほぐすことでオイルを移動させ、手の脂により表面がコーティングします。

 

経年変化を早く楽しむなら、ミンクオイルなどが有効。

 

メンテも楽しみたい方は。コロニル・シュプリームクリームを2週間に1回程度、表面と裏面に塗るといいでしょう。
(パッチテストは必ず行ってください)

 

雨天は、防水スプレーが有効。
コロニル・ウォーターストップスプレーは、皮革にも使える防水スプレーですので、おススメです。

 

もっと詳しく知りたいなら、↓がオススメ
マットーネの詳細はコチラ

マットーネとは関連ページ

色付けについて
天然皮革の色付けの方法について解説します。
天然皮革には、染料仕上げと顔料仕上げがあります。染料は、革のエイジングが楽しめるし、顔料は、柄や色合いが楽しめます。
ヌメ革の基本
ヌメ革というのは植物の渋に含まれる成分のタンニンでなめした皮革のことを言います。丈夫で長く使うことで味のある表情をみせるようになります。
コードバンとは
コードバンは、ごく少数生産されている農耕馬からのみ採ることができ、丁寧に表と裏から削り出す採取方法が宝石採掘のようであるとして、革の宝石とも称されています。